トップページへ

沙羅双樹(夏椿) 

   2006年6月24日     

沙祇園精舎の鐘の声諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからずただ春の夜の夢のごとし
たけき者も遂には滅びぬ偏に風の前の塵に同じ

日本では「夏椿(なつつばき)」のことを 沙羅双樹として扱われていますが 、ほんとうは正しくありません。ここで歌われる「沙羅双樹」も おそらく 「夏椿」のことをさしていると思われます。