Place of scenic and historic interest


なごや
史跡探訪

守山の旧街道と水屋めぐり


2006.09.26守山区 大永寺の樹齢380年の犬槇
2006.09.26守山区 大永寺の樹齢380年の犬槇
2006.09.26守山区 大永寺 岡田氏累代の墓
2006.09.26守山区 大永寺 岡田氏累代の墓
2006.09.26守山区 川島神社
2006.09.26守山区 川島神社
社伝によれば、孝安天皇2年尾張連の祖沖津世襲の勧請と伝え、江戸時代には熊野社と呼んだ。延喜式内神社。
2006.10.10守山区小幡 白山神社
2006.10.10守山区小幡 白山神社
祭神は火具土命。明治43年に神明社2社、外宮社、諏訪社を合併して、白山神社と改称された。社殿は小幡白山古墳の上にあります。
2006.10.10守山区小幡 龍泉寺街道道標
2006.10.10守山区小幡 龍泉寺街道道標
宝暦13発未年,従是北龍泉寺道と記されています。
守山区役所の交差点の北西にあります。
2006.10.10守山区小幡 長慶寺
2006.10.10守山区小幡 長慶寺
山田太郎兼継の菩提を弔うため、弟二郎正親が南山士雲を開山に迎え、建長年間(1249)に創建したと伝えられる。張州府志によれば、山田次郎重忠が父母兄のために長父寺、長母寺、長兄寺を建て、長慶寺は長兄寺を改名したものとされている。境内にある南山士雲の無縫塔は県指定文化財である。
2006.10.10守山区小幡 長慶寺の無縫塔
2006.10.10守山区小幡 長慶寺の無縫塔
2006.10.10守山区小幡中 生玉稲荷神社
2006.10.10守山区小幡中 生玉稲荷神社
祭神は大宮女神、御食津神、太田神。
毎年2月11日には厄除祭と佐義長が行われている。また、1日と15日に朝市がひらかれる。
2006.10.10守山区牛牧 牛牧遺跡
2006.10.10守山区牛牧 牛牧遺跡
縄文期の大遺跡であったが、主な部分は住宅などによって減失し、わずか立看板により位置が知られるにすぎない。縄文期の土器片や石刀などの出土品などの遺物は名古屋市博物館に収蔵されています。
2006.10.10守山区牛牧 牛牧遺跡のある小幡緑地
2006.10.10守山区牛牧 牛牧遺跡のある小幡緑地
2006.10.10守山区川村町 長命寺
2006.10.10守山区川村町 長命寺
本尊は恵心僧都作と伝えられる薬師如来。
天正12年(1584)小牧・長久手の戦いで兵火にあい、諸堂を焼失したが、本尊薬師如来像のみ残り、里人が草堂を営んでいた。
尾張徇行記によれば元禄13年(1700)水野保信が堂坊を再興し、長母寺中興雪恵恭を開山とし、嘉永年間に仁州恵寛を中興開山に迎えた。寺内に水野保信の碑がある。
2006.10.10守山区川村 長命寺の水野保信の碑
2006.10.10守山区川村 長命寺の水野保信の碑
2006.10.10守山区城土町 白沢渓谷
2006.10.10守山区城土町 白沢渓谷
庄内川の支流で大変景色のよい所です。
2006.10.10守山区城土町 余慶の碑
2006.10.10守山区城土町 余慶の碑
村人のためにつくした人の功績を称えて建てられた碑で、易経、坤文言伝にある積善之必有余慶にのっとり命名されたという。
2006.10.10守山区松洞 龍泉寺街道 西→東
2006.10.10守山区松洞 龍泉寺街道 西→東
2006.10.10守山区松洞 龍泉寺
2006.10.10守山区松洞 龍泉寺
伝教大師(最澄)の創建と伝えられる。本尊は馬頭観音。
熱田神宮の奥の院と称する名刹で、尾張四観音の一つです。
天正12年(1584)小牧・長久手の戦いに秀吉がここに陣し、一夜堀を作ったという。
慶長3年(1598)春日井の密蔵院二十九世秀純和尚が再興した。仁王門、木像地蔵菩薩立像は重要文化財。
密蔵院には藩祖義直の母・相応院の供養塔もあり尾張藩との縁も深い。
2006.10.10守山区松洞 龍泉寺本堂
2006.10.10守山区松洞 龍泉寺本堂
竜泉寺に残る逸話。明治44年(1911)、寺の財宝に目をつけた賊が、火事場のどさくさの間に宝物を盗もうとして寺に火をつけた。幸い仁王門は難を免れたが、本堂と庫裏は消失した。寺宝がどうなったか定かでないが、当時の住職が火事のあと、庫裏の土台の下を掘ると黒い壷が見つかった。中には慶長大判二枚と慶長小判九十八枚がびっしり詰まっていた。住職は一枚の小判を寺宝として残した。あとは講をつくって当時のお金で五十円以上の寄付をしてくれた人たちに配ったという。その資金を焼けた本堂の建設資金にあてている。埋蔵金で本堂を再建した寺は全国でも稀である。出てきたのは慶長大判小判だったから江戸初期に埋められたことは間違いない。誰が埋めたかはっきりしないが、密蔵院住職秀純が、過去たびたび火災に遭っているので、万一に備えて埋めたのではないかといわれている。
2006.10.12守山区小幡5 小幡長塚古墳
2006.10.12守山区小幡5 小幡長塚古墳
小幡原に現存する前方後円墳では最大のもので、全長81m後円部径38m、前方部復元幅42mで、前方部の大きな古墳です。付近に群存した小古墳と合わせて「七つ塚」とも呼ばれていた。
2006.10.12守山区茶臼前 茶臼山古墳
2006.10.12守山区茶臼前 茶臼山古墳
全長63mの前方後円墳。道路改修により西半分が削り去られ、崖面に切断部がみえており、墳丘築造の模様が判る。
2006.10.12守山区大森 二つ池
2006.10.12守山区大森 二つ池

PAST INDEX FUTURE