Place of scenic and historic interest


なごや
歴史探訪
知多街道

南区笠寺から緑区前ノ輪


2007.04.30知多街道 本星崎 光照寺
2007.04.30知多街道 本星崎 光照寺
慶安4年(1651)浄土宗に改宗、光照寺と改称し建中寺の末寺となつた。寺伝では尾張の有力な武士であつた山田次郎重忠の創建という。
このお堂には数多くの石仏が並び「百観音」と呼ばれ、知多街道を往来する人々の休憩所であったと伝えられている。
2007.04.30知多街道 光照寺の百観音
2007.04.30知多街道 光照寺の百観音
2007.04.30知多街道 光照寺の山田次郎重忠の碑
2007.04.30知多街道 光照寺の山田次郎重忠の碑
山田氏は源満政(父源経基)の流れの源氏で、元来美濃に拠点があり、山田重忠の祖父重直の代に山田荘に拠点を移し、山田氏を名のったものと思われる。源頼朝の時代、山田荘の地頭に任命され、信心が厚い重忠は母の菩提を弔うため長母寺(東区)を建て、その他大永寺(守山区)、長慶寺(守山区)、成願寺(北区)など数多くの寺を建てています。
2007.04.30知多街道 光照寺本堂
2007.04.30知多街道 光照寺本堂
2007.04.30知多街道 光照寺前の街道
2007.04.30知多街道 光照寺前の街道
2007.04.30知多街道 街道は国道1号線を横断します。南⇒北
2007.04.30知多街道 街道は国道1号線を横断します。南⇒北
前方左の道が知多街道です。
2007.04.30知多街道 星崎1 地蔵堂
2007.04.30知多街道 星崎1 地蔵堂
国道一号線を横断したところにあります。
2007.04.30知多街道 星崎1 国道1号線を渡った街道筋
2007.04.30知多街道 星崎1 国道1号線を渡った街道筋
2007.04.30知多街道 星崎1 正行寺
2007.04.30知多街道 星崎1 正行寺
2007.04.30知多街道 正行寺の星崎開運地蔵尊
2007.04.30知多街道 正行寺の星崎開運地蔵尊
2007.04.30知多街道 星崎1 正行寺前の街道
2007.04.30知多街道 星崎1 正行寺前の街道
街道は直角に右から左に曲がっています。
2007.04.30知多街道の町並み
2007.04.30知多街道の町並み
2007.04.30知多街道 星崎1 呼続神社
2007.04.30知多街道 星崎1 呼続神社
創建は大永3年(1523)。縁起によると、幾度か神社西の海岸堤防が決壊した。そこで伊勢神宮へ祈願して、一万回のお祓いをうけたところ、神徳があり堤防が完成した。そのため社殿は伊勢神宮に向けて建築された。社宝に寛永9年(1632)8月14日落下した日本最古の隕石がある。
2007.04.30知多街道 呼続神社前の街道
2007.04.30知多街道 呼続神社前の街道
2007.04.30知多街道 星崎1 若宮神社
2007.04.30知多街道 星崎1 若宮神社
2007.04.30知多街道 元鳴尾 西来寺
2007.04.30知多街道 元鳴尾 西来寺
西来寺の境内には、荷風を慕って昭和50年に建立された堀口大学揮毫の碑がある。
碑面には「人生の真相は、寂莫の底に沈んで初めて之を見るのであろう」と荷風の言葉が刻まれている。
2007.04.30知多街道 元鳴尾 西来寺の永井荷風追慕碑
2007.04.30知多街道 元鳴尾 西来寺の永井荷風追慕碑
2007.04.30知多街道 元鳴尾 永井星渚出生地
2007.04.30知多街道 元鳴尾 永井星渚出生地
西来寺と道路を隔てて南側に永井星渚の屋敷跡がある。星渚は荷風の先祖で鳴尾永井氏の八代目である。徂徠派の学にすぐれ、門下に伊藤両村などを出し、野にあって尾張の儒学者として活躍した。
鳴尾は江戸時代、牛毛、荒井村といい、大きな塩問屋がありました。なかでも永井家はこの付近の塩を仕切り、塩付街道もその家の前が起点だつたという説もあります。
永井家は三河大浜出の大名永井利勝の系列で、はじめ三代は久右衛門を名乗ったので、塩付街道は「久右衛門街道」とも呼ばれた。永井家は永井荷風や高見順を出した家柄です。
2007.04.30知多街道 永井家屋敷跡に残る塩蔵の礎石跡
2007.04.30知多街道 永井家屋敷跡に残る塩蔵の礎石跡
2007.04.30知多街道 元鳴尾 称念寺
2007.04.30知多街道 元鳴尾 称念寺
永井家の隠居所があったところといわれている。

PAST INDEX FUTURE